■トップページ

  ■規格表

  ■WRの特徴

 WRの特徴


弊社のダブルアール曲げは平板よりC曲げ加工を行い、独自開発したWR曲げマシーン(製造方法並びに機械装置特許取得済み)により更にR曲げ加工を行う3次元曲げ冷間加工の事です。

使用板種類・板厚はステンレス鋼板(2B材・HL・鏡面・2mm・3mm)、アルミ板(3mm)、ボンデ鋼板(2.3mm・3.2mm)です。

WR曲げは、全長4,000mm板使用で、両サイド曲げロスあり、各1本有効寸法は(400A〜250Aは2,800mm)(200A〜90A3,000mm)となります。

納品は全て弊社工場渡しとなります。指定先への送りは別途梱包混載可能です。

WR最小径は日々の研究により変更することがあります。

使用板厚ステンレス・アルミ(2.0mm)、ボンデ鋼板(2.3mm)のWR径はお問い合わせ下さい。

 

注文先

企業名 明機産業 株式会社
住 所 〒590-0985大阪府堺市堺区戎島町4-27-1
TEL 072-221-2535()  FAX 072-221-4730
a-kimura@meiki-sangyo.co.jp


トップページに戻る